2007年09月07日

北海道旅行〜0日目

9月6日(木)
さて、出発を明日に控え心配なのは台風9号。久しぶりにまっすぐ関東地方に向かってきます。この経路を見て思い出すものと言えば、そう、3年前の台風22号。あの幻の0日目シフトを発動させた諸悪の根源です。あのときは必死だったけど、実は結構な被害を出していった台風なんですよね。

そんな台風が近づく中、研究室のミーティングを終え、さっさと帰ることに。深夜になるほど台風が近づいてくるというので、早めに実家に帰ることにしました。

実家に帰ってしばらくすると、台風の雨と風が雨戸にたたきつける音、風で何かが飛んでいく音(危)などがしていましたが、明日には過ぎそうなのでとりあえず寝ます。


9月7日(金)0日目
さて、やってきました出発日です。心配していた雨も昼前には上がり、晴れ間まで出てきました。相変わらず風は若干強めですが、台風一過のすっきりした晴れ間。お昼ご飯をホカ弁に買いにいき、食べていると今回のきっぷ類をお願いした旅行会社から電話。いやな予感がしつつ出てみると…

……
………
「カシオペア運休」

…あーぁ。
そんな予感はしたんですよ。前日の北斗星以下寝台特急は全休だったし、今日だって関東の台風は過ぎても東北北海道に台風が向かうのはこれから。そんな時期に寝台特急を出すとは思えず。
とはいえ、動かないものは仕方ないので、あきらめる。一緒に確保していた1泊目の京王プラザホテル札幌、帰りの航空券もまとめてキャンセル。これが、後ほど功を奏する結果に…。
というのも、日程を1日追加したせいで航空券の変更がとれず、旅行会社で取った航空券は10日の帰り便だったのです。なので、このチケットは泣く泣く捨てるしかなかったのですが…。鉄道、航空、宿泊全額が戻ってくるとのこと。カシオペアには乗れませんでしたが、交通費はだいぶ浮きそうです。

さて、カシオペアが運休したとあってはどうやって北海道に上陸すればいいのか。これから羽田へ行って飛行機。という手もあったのですが、なんとなくそれではつまらない。というか、夕方から夜にかけて新千歳が降りられる状況にあるのかどうかわからなかったので、とりあえず新幹線特急接続でいけるかどうか調べにみどりの窓口へ。

結果。
新幹線と特急を乗り継いで函館までは行けることが判明。さらに、青森から札幌行きの急行「はまなす」号が運転していれば、夜行で札幌まで行けるかもしれない。ということがわかりました。というわけで、指定券を購入し、東京駅へ。


東京駅
そんなごたごたの中で、デジカメを家においてきてしまったことに気づく。もう取りに戻れないので、携帯のmicroSDを有楽町のビックカメラで購入し、デジカメ代わりに使うことに。6000円の出費…。

新幹線
久しぶりの東北新幹線。車内放送の音楽も相変わらずで、ちょっと懐かしんでみました。今回乗ったのは「はやて25号」。東京、上野、大宮と停車した後は、仙台、盛岡、八戸と、かなり飛ばす子です。車内冷房がちょっと強かったですが、さすがは新幹線。あっという間に関東を突破し福島県内へ。このあたりから空の雲行きが怪しくなり始め、仙台につく頃には雨が降り始めていました。

仙台駅
仙台に到着した新幹線。なかなか発車しません。どうやら、この先の一関駅付近で、風にあおられた木の枝が線路に垂れ下がってきているとのこと。撤去作業のため5分停車するそうです。八戸駅での特急乗り継ぎが7分しかないので、一抹の不安を覚える…。

ようやく発車した新幹線ですが、くりこま高原駅で臨時停車。安全確認をするそうです。ここでもさらに3分遅れる。盛岡に到着した時には、定刻10分遅れとなっていました。盛岡では先頭につないであるこまち号を切り離し、はやて号単独で八戸へ。ここで2分ほど遅れを取り戻し、8分遅れで八戸へ向かっていました。ここまでの車内放送で、本日の急行「はまなす」が運休であること、八戸乗り継ぎの特急「スーパー白鳥25号」は、新幹線を待っての発車になること等が伝えられ、本日の宿は函館に確定。

八戸駅
新幹線が到着してドアが開くと、かなりの数の乗客がいました。そして、大半が早足で乗り換え口に向かっています。どうやらほとんどの乗客が特急乗り継ぎの乗客だったようです。新幹線が大幅に遅れて到着しているため、特急の発車時刻は過ぎています。乗り換え口の自動改札機は全部停止開放。ぞろぞろと改札を抜けて特急に乗り込みます。

特急スーパー白鳥25号
以前2回ほど青函トンネルを抜け(正確には1回目は往復しているので3回ですが)た時には、まだ快速「海峡」号が走っていましたが、だいぶ前のダイヤ改正で、青函トンネルは完全に特急しか走らなくなりました。JRによくある救済措置で、特急しか走らない区間は、当該区間の前後の駅間だけは特急料金不要で特急に乗れるようですが、はっきり言って何の役にも立たない救済措置だと個人的に思うわけです…。
途中特急は青森駅で進行方向を変え、車内ではシートを反対に向ける作業が。ここで後ろの座席に人がいなかったので、向かい合わせにして足置き場に。程なく青函トンネルに入り、あっという間に北海道上陸です。車内から電話で函館のホテルに予約をし、到着まで今しばらくの暗闇観察…。

函館駅
予定より7分ほど遅れて22時過ぎ。函館に到着。なんだかんだで東京から6時間強しかかからないもんなんですね…。もちろん、飛行機で行けていればとっくに札幌に着いている訳だし、カシオペアに乗れていれば寝ていれば札幌まで運んでくれたんですが…。

ごたごたしつつも0日目終了。
函館からホテルまでに乗ったタクシーが久しぶりにMTで田舎を感じ、客室内で高校生クイズを見ながら就寝。
posted by ねざけん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。